IT企業からメーカーに転職。今は事務

IT企業から医療器械メーカーに転職後、事務に転職した私の日記

*

バカでアホな方が学費もかかるし年収も低い

      2014/10/08

友人の医者にアホなほうがお金がかかるのは当たり前だといわれたが、それはみんなわかってることです。
バカでも大学にいける時代なんですけど、私学に行くとお金がかかるんですね。
だから、バカなのに大学に行かせて貰った人は親に感謝せなあかんでということです。

勉強は苦労しないとできないので、できる人は優遇される

資本主義は 賢い人が作った社会なので、
苦労した自分達が優遇されるようになっているのは当たり前で、
そうする努力をする人が優遇される社会ではないと、
頑張る人が居なくなる、優秀な人材を出せなくなる。

という面でも、頑張って勉強した優秀な人材が将来優遇されるという社会作りがあるからこそ、勉強が頑張れるという動機になるかもしれない。
ですが、その動機というのは子供の頃にはなかなか理解できないもの。

その子供の頃の大人の理解というのは、やっぱり子供の頃からの経験の豊富さによるものが非常に大きく関与しているといえると思う。

中国でも、金持ちが学歴がないのが悩みという人が多いと。
だから、学歴を金で買うそうです。

子供は未来の事はわからないんだからとりあえず勉強ができて、自分で選択する側の立場になるべき

バカだから貧乏というわけでなく、学歴なんてただの人間を量る一方的な視点からのものさしなんですが、 勉強が出来たほうが社会を生き抜くことができるのは、大多数の確立からすれば当然のことです。
収入というのも、人間を量る一方的なものさしです。
もちろん収入が少なくても立派な人はたくさんいます。
ただ、日々の生活は楽にならざりけりですが。

ですから、義務教育の頃に、勉強が出来たほうが、経験豊富なほうが、よい未来があるともいえるわけです。
勉強ができないと、未来の道は狭くなるんですかが、ある程度賢くなって自分が職業を選ぶ立場になるべきです。

ですが、周りの大人が悪いと、その子供も悪い方向へ進むし、悪い経験が豊富になると、悪い方向へ進むでしょう。
悪い方向というのは、反社会的な方向という意味。
いろいろバランスが大事なのはいうまでもありません。
でも、悪い人も言い人も、裏の社会も表の社会も、日本の社会でありますが、やっぱり品性のよい人間になってもらいたいし、なりたいものです。

 - 下流の生き方

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

  関連記事

no image
春なのに寒いー!

今は大阪は雨が降っています。 私はというとずっと家の中でダウンジャケット着てます …

no image
母から時間外労働120時間超える私にきたメール

身体疲れたやろ。 過労死してしまうで。 休みもないし… 当直も長すぎるし… 病院 …

no image
残業0は現実を受け入れられない男女が増えて少子化する

よく田舎の若者は暇だから、結婚をする年齢が低いといわれる。 田舎の若い男女はやる …

no image
女性社会は婚期が遅れる、婚期を逃す

女性社会は婚期が遅れる。 男性と比べてパワハラや嫌がらせが陰湿。 抜け駆けは許さ …

no image
資格がないと定年後の仕事は警備員か自転車置き場しかない

警備員ほど低収入で過酷な仕事も少ないです。 定年後に資格がないと面接さえ受けさせ …

no image
タダ働きして飲み物や昼食、夕食も自腹?

今の仕事がしんどい理由は残業代が出ないこともなんですが、 出ないのに残業させられ …

no image
ローンが残ってるのに車買い替えたい?

言ってやりました。 「転職以外ならなにやってもいいからな」 私の人生は失敗続きで …

no image
家の隣の貸しガレージで中国人?が廃品回収業をしている

個人貸しガレージの突き当たりにある、屋根付貸しガレージを4つぐらい契約して、その …

no image
くそ真面目で貧乏でマイナス思考が日本の奴隷階級

母が疲れているらしい。 おそらく今日仕事から帰ってきたんですね。 風邪気味で寝て …

no image
遊ばない人は世界が狭い。ケチだと面白くない人間になる

私はタバコも酒も遊びもあんまりしません。 ですが弟は遊び人です。(仕事はしっかり …